読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洞窟で暮らしたい。

日々思ったことや思い出を語る。

毎朝飲んでるコーヒー

僕はコーヒーが好きだ。 出来ることなら毎日何杯も飲みたいのだが、夕方以降に飲むと寝れなくなって睡眠に支障が出るし、あまりカフェインを取り過ぎて耐性がつくと常にぼーっとなってしまい全てのやる気が削がれてしまう体質なのでそうはいかない。

なので毎朝一杯だけコーヒーを入れて飲んでいる。

 

使っているのはビアレッティ社のモカ・エクスプレスと呼ばれるコーヒーメーカーで、直火にかけるエクスプレッソマシンなのである。

エクスプレッソというのは本来専用の大きな機械で、コーヒーの粉を様々な微調整をしながら詰めて、ともはや職人が取り扱うような物であるが、このモカ・エクスプレスは水を入れて粉を入れてコンロにかけるだけというずぼらな自分に大変優しい機械なのである。

 

その様々な調整ができるようになって自分で好みのエスプレッソを入れられるようになるから楽しんだろーがという意見があるのは重々承知であるが、残念ながら自分にはそこまでの情熱はない。

 

エスプレッソ用の粉というのはドリップ用と比べて粒が小さくなくてはならないので、手に入れようと思ったら店で挽いてもらうしかない。 以前まではカルディで豆を買って挽いてもらっていたのだが、家にフードプロセッサーがあったことを思い出し、袋で買った豆を毎朝自分で挽いている。 やっぱり香りの広がりが違う。・・・気がする。

 

正直コーヒー自体は全く詳しくない。 し、うるさいわけでもない。 ただ好きなだけである。

ちなみに自分はエスプレッソに砂糖をたっぷり入れて牛乳を入れ甘々のカフェラテにして飲んでいる。 おいしいんだこれが。

毎朝シャワーを浴びた後にこれを飲むのがルーティーンと化していて、飲むと今日もがんばろうという気にさせてくれる。 なくてはならない飲み物だ。

しかもエスプレッソはドリップと比べてカフェインが少ないというのも嬉しい。 嗜好としてのコーヒーとエナジードリンクとしてのコーヒーは別物だと思っているので、いざやるぞ!ってときには缶コーヒーを買って一気に飲み干す。 いざってときにカフェインの効果を発揮するには日ごろのカフェインの量を減らして耐性を無くす必要があるのだ。

 

 

豆の挽き具合、粉の入れ方、砂糖の量、牛乳の量。 いつも同じように作っているはずなのに毎日味が違うのでやっぱりコーヒーは難しいなと思う。 今日はうまくできたなというときもあればこれはだめだなというときもある。 簡単にエスプレッソが作れるとは言ったがやはり自分好みの味を毎日作るのは至難の技であり、道は険しい。