読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洞窟で暮らしたい。

日々思ったことや思い出を語る。

衛府の七忍が面白い

衛府の七忍という漫画を集めているのですが、その3巻が発売されていたので買ってきました。

 

作者の山口貴由先生はいくつもの作品を描かれてきたベテラン漫画家さんでして、そのどれもが内容も、クセも、画もめちゃめちゃ濃いことで有名です。 特にシグルイなどは有名ですね。

 

特に自分は覚悟のススメという作品がものすごく大好きで、今まで読んだ漫画の中で一番好きなものを挙げろと言われたら食い気味でこの作品だと答えると思います。

この覚悟のススメの続編で『エクゾスカル零』というのがあってこれまた連載が決まったときにはあの葉隠覚悟がまた見られる!!と狂喜乱舞したものですが、このときの山口先生は画風も作風もガラリと変わってしまっていて、いざ読んでみると全くの別物となっていたのです。

覚悟のススメ時代の怒涛に湧き上がる熱や血沸く王道展開はどこへやら、全体的に暗くシリアス&シリアスな雰囲気に包みこまれていました。

世界を救ったヒーローが、人類が滅びた世界で目覚めるという救いのない冒頭から始まったエクゾスカル零は最後まで救いのないまま終わってしまいました。 途中からちょっとギャグシーンが入ってきたり、昔のノリを取り戻したところもありますが作品全体の雰囲気を変えるには遅すぎましたね。

 

こう言ってますが、エクゾスカル零もとっても面白いんです。 エクゾスカルのデザインはどれもドツボですし、山口節も全開でキレてました。 ただこれを覚悟のススメの続編と見ると期待していたものとの差がどうしても出てしまうんですよね。

 

そしてこの衛府の七人』『エクゾスカル零』のお話でもあるのです。

世界観、キャラ設定などは全く違うのですがキャラ自体はエクゾスカル零に登場するキャラクターで、例えるなら俳優として舞台に出演しているみたいな?

エクゾスカル零にて荒廃した世界に復活し、守るべき民もいない世界でそれぞれの正義の違いのためにぶつかり合う七人の正義を行う者たち。 世界平和をもたらしたはずのヒーローたちが孤独に彷徨い、自問自答し、傷つけ合う姿は読んでいていたたまれないものがありました。

 

しかしこの衛府の七忍では彼らが怨身忍者となって蘇り、日本を圧倒的力で支配しようとする徳川家康公に一矢報いるため共に戦うというのです!! 絶対面白いに決まってるじゃん!!! 今度はあの七人がきちんとヒーローしているところを見られるのです。

エクゾスカル零の他にも『シグルイ』、『蛮勇引力』などいろいろな過去の作品のキャラクターも登場し、もうなんか同窓会みたいだったよねw

 

元となった原作を読んでいるとニヤリとしてしまうネタもたくさんあり、山口節もキレッキレです。 「呑みに参るぞ! 零鬼!」はめちゃくちゃ笑った。

 

今一番次巻を期待している漫画かもしれないですね。

フレーズの暗記じゃなくて英会話がしたいんだ

少し前から英語の勉強をしています。

と言っても空いた時間にちょこっとやっているだけなのですが。

 

前にシンガポールに行ったときの話をしましたが、そのときにヒシヒシと感じたことなのですが、旅行用の英語日常会話全く違う。 使う単語が違うとかそういうレベルじゃなくて、もう旅行用の英語というのは言語ではない。と思います。

 

あらかじめ状況に応じた使いそうなフレーズだけを暗記、必要な時しか他人とコミュニケーションを取らないし、相手の答え方も限られています。 シンガポールに行った時や香港に行ったときなどは特に旅先での英語に困ったことはありませんでした。

 

でも日常会話は別。

そんなに難しくないことを言おうとしてるのに「彼だからdoes・・・いや過去形だからdidか・・・経験って現在完了だっけ?」言葉が渋滞。 結果、えっと・・・えっと・・・としどろもどろに。 多分五分時間を与えられればちゃんとした文が作れると思うんですけど、会話にそんなインターバルはありません。 いかに自分が英語ができていないかということを痛感しました。

 

また、最近身近に外国の方がいるのですが全然駄目ですね、やっぱり喋れません。 なんとかカタコトで意味は通じてもらえるのですが、もっとスムーズかつスマートに会話したいというのが本当のところ。 聞き取ることはできるだけに、返したいのに・・・とやきもきします。

 

というわけで今ちょこちょこやっているのが森沢洋介『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』という本。

はじめにを読んで正にこの本だ!と思いましたね。

 

内容は中学生レベルの英作文がすぐ口から話せるようにトレーニングするというもの。 正直最初は中学生レベルなんて・・・と思ったものですがやってみると意外にこれが難しい。 対して文法的にわからないことはないのですが、スッと言葉が出てこない。 単数や複数、時制や3人称とかってすごいわちゃわちゃってなります。

 

今まで会話なんてフレーズの暗記から始めないといけないと思っていたのでこの勉強法は目からうろこでとても納得しました。

 

とりあえずこの本で簡単な分ならペラッとすぐ口が動くように練習していきたいですね。 次に一人旅に行く前までにはなんとか上達させようと思います。

眠りの質とは

最近起きると体が冷たくて困っています。

これそのまま永眠してしまうのでは?と思うほどの冷たさなのです。

 

基本的に布団に入ったら10分も経たずに眠りに落ちれるめでたい人間なので、不眠に悩まされることはないのですが、あんまりいい状態で眠れていないなら結局睡眠の質は落ちてるので問題なんですよね。

体温が下がっていると体は発熱しようとしてエネルギーを使い、結果寝てるのに疲れるらしい。 わかる。 起きてからすごいぐったりしてるんだよね。

 

原因としてはまぁ多分というか絶対薄着で寝てることだと思うんですけど、どーーーしてもここだけは譲れない。

素肌が布団と触れ合うちょっと冷たい感触が大好きなので、昔から寝るときはジャージの短パンにTシャツで寝るという習慣というかジンクスがある。 もはやこれ以外だと眠れない体質になってしまったので、厚着をして寝ると今度は不眠になってしまう。 靴下とかもうダメ、鳥肌が立ちそう。

毛布も中に敷くと気持ち悪いので掛布団の上に乗せてます。

 

春、夏、秋はこれでなんとかなってるんですが何せ当方北海道在住ですので冬がもうどうにもならん。 朝起きたら室内の温度が一桁に突入するような環境。

北海道に来てから2年くらいは短パンジャージにTシャツ鋼鉄の誓いを守り続けていたのですが、本当に永眠しそうになったので冬だけは薄手の長袖に切り替えました。 命には代えられない。

 

うーん、実際どうしたらいいのだろうか。 寝るときは温かいので布団が薄いわけではないと思うのだけど・・・。

北海道の知人らは寝るときも暖房をつけっぱなしにして寝るという話をよく聞くのでもしかしたらこれが北海道の正式な就寝方法なのかもしれない。 いやでもつけっぱなしは暖房代がなぁ・・・。

 

北海道の冬はとても生きにくい。

毎朝飲んでるコーヒー

僕はコーヒーが好きだ。 出来ることなら毎日何杯も飲みたいのだが、夕方以降に飲むと寝れなくなって睡眠に支障が出るし、あまりカフェインを取り過ぎて耐性がつくと常にぼーっとなってしまい全てのやる気が削がれてしまう体質なのでそうはいかない。

なので毎朝一杯だけコーヒーを入れて飲んでいる。

 

使っているのはビアレッティ社のモカ・エクスプレスと呼ばれるコーヒーメーカーで、直火にかけるエクスプレッソマシンなのである。

エクスプレッソというのは本来専用の大きな機械で、コーヒーの粉を様々な微調整をしながら詰めて、ともはや職人が取り扱うような物であるが、このモカ・エクスプレスは水を入れて粉を入れてコンロにかけるだけというずぼらな自分に大変優しい機械なのである。

 

その様々な調整ができるようになって自分で好みのエスプレッソを入れられるようになるから楽しんだろーがという意見があるのは重々承知であるが、残念ながら自分にはそこまでの情熱はない。

 

エスプレッソ用の粉というのはドリップ用と比べて粒が小さくなくてはならないので、手に入れようと思ったら店で挽いてもらうしかない。 以前まではカルディで豆を買って挽いてもらっていたのだが、家にフードプロセッサーがあったことを思い出し、袋で買った豆を毎朝自分で挽いている。 やっぱり香りの広がりが違う。・・・気がする。

 

正直コーヒー自体は全く詳しくない。 し、うるさいわけでもない。 ただ好きなだけである。

ちなみに自分はエスプレッソに砂糖をたっぷり入れて牛乳を入れ甘々のカフェラテにして飲んでいる。 おいしいんだこれが。

毎朝シャワーを浴びた後にこれを飲むのがルーティーンと化していて、飲むと今日もがんばろうという気にさせてくれる。 なくてはならない飲み物だ。

しかもエスプレッソはドリップと比べてカフェインが少ないというのも嬉しい。 嗜好としてのコーヒーとエナジードリンクとしてのコーヒーは別物だと思っているので、いざやるぞ!ってときには缶コーヒーを買って一気に飲み干す。 いざってときにカフェインの効果を発揮するには日ごろのカフェインの量を減らして耐性を無くす必要があるのだ。

 

 

豆の挽き具合、粉の入れ方、砂糖の量、牛乳の量。 いつも同じように作っているはずなのに毎日味が違うのでやっぱりコーヒーは難しいなと思う。 今日はうまくできたなというときもあればこれはだめだなというときもある。 簡単にエスプレッソが作れるとは言ったがやはり自分好みの味を毎日作るのは至難の技であり、道は険しい。

シンガポールに行った話③

滞在期間が10日程度あったのでシンガポールの大体の名所は行ったように思う。 毎日朝起きてから寝るまで歩きまくった。 iphoneの記録を見たら毎日平均20km、最大で36km歩いていた。

かねてから予定していたリバーサファリとナイトサファリも満喫した。

リバーサファリは川をテーマにした水族館のようなもので、川辺にすむ魚の展示の他にもクルーズで象を見たり、人工の川をボートで下って動物を観察するアトラクションがあったりして個人的にはまぁ・・・まぁといった感じだった。

f:id:nijiringo:20161214001853j:plain

 

やはり水族館は海の方が好きだ。 川には本能的な恐怖というのがあまり感じられない。 水族館の一番素敵なところは本能で自然の恐怖を感じられるところにあると思う。

 

魚だけでなく、ジャイアントパンダレッサーパンダもいて、特にレッサーパンダはとても愛狂しく、僕は檻の前で同じコースをウロウロするだけのレッサーパンダの動画をひたすら撮っていた。

あと作り物なんじゃないかと疑うほどにバカでかいワニもいて、こいつだけは一匹だけで自然の恐怖を体現していて大変よろしかった

f:id:nijiringo:20161214002938j:plain

 

リバーサファリに比べてナイトサファリはとてもよかった。

何といってもトラムでジャングルを模したコースを巡るのが一番の目玉だが、それ以外にも動物園として徒歩で巡れるコースがあり非常にたくさんの珍しい動物が盛りだくさんでじっくり見たら半日は遊べそうなスポットである。

f:id:nijiringo:20161214004601j:plain

 が、悲しきかな帰りのバスの時間があったため、急いで徒歩コースを見て、時間になったらショーのために入口へ引き返し、ショーが終われば走って徒歩コースの前回見たところまで戻って巡回し、時間になればトラムに載るため再び入り口に引き返し、トラムが終われば走って徒歩コースに戻り・・・という風にもう自分でも何がなんだかわからないタイムトライアルのようになってしまった。 このナイトサファリに見落としたものがあってなるものかととにかくひたすら走っていた。 そのおかげでとりあえず全部めぐるという目的は果たしよくわからない達成感も得た。

 

ジュロンバードパークはチケットを買ったにも関わらず、時間がなくて行けませんでした。 まぁ日本にも花鳥園があるし・・・ね?

 

シンガポールと言えば!といえば大体八割くらいの人が答えるであろうマリーナ・ベイ・サンズ。 行けませんでした

f:id:nijiringo:20161214005551j:plain

スコールが・・・スコールが悪い。 地球が悪い。

例の外国人と一緒に行きましたが、「ビルの上に船を乗せるなんて誰が考える? 狂っている。」と言っていましたが概ね同意です。

 

というわけでやけくそになって行ったシンガポール一人旅ですが、とても楽しかったです。 いい気分転換になりました。

やはり友達と海外に行くとどうしても安心感がすごいというか、隣に日本語が喋れる人が常にいるって異国感が薄れてしまう。 それに比べて一人旅は五感全てで海外を味わうことができるし、常に漂うスリル感は日本では絶対に体験できないと思う。

あとやっぱりこうやって海外に投げ出されると必死で英語を話そうとするよね。 話さないと下手したら帰れなくなる状況もありましたから。

この前のめりな気持ちは日本じゃなかなか出せないなー。

いずれアジアのどこかにでもまた一人旅してみようと誓いました。

シンガポールに行った話②

次の日から彼と共にいろいろな所を観光した。 シンガポールには様々な国から来た人達が住んでいて、その人たちは集まってその場所で独特の文化を保っているので、一口にシンガポールと言っても場所によってさまざまな顔を見せる。 リトルインディアもその一つである。

アラブストリートやチャイナタウンなどを周ったが、まるで世界各地を旅しているようで歩いているだけでもなかなかに楽しかった。

f:id:nijiringo:20161210163010j:plain

 

チャイナタウンで彼はいかにも怪しげな出店で彼の妹とその友達へのお土産としてハローキティの鞄を買おうとしていた。 激しく繰り広げられる値下げ交渉の末に「これは丈夫なのか?」という彼の問いに「信頼の日本製さ!丈夫だよ!」という主人の言葉が決め手となって彼はどうみても中国製の鞄を購入していた。 日本人である僕はそのやり取りを横目に見ながら何も言えずにいた。

f:id:nijiringo:20161210163150j:plain

 

彼は数か月かけてアジアをいろいろ旅していたらしくシンガポールを最後に、故郷に帰る予定なのだという。 本来の予定をわざわざ2日延ばしてまで一緒に観光してくれたことは大きな思い出となった。

旅先での英語は意外になんとかなった。 必要最小限の英語は喋れる自信があったし、最近は便利なものでスマホのアプリを用いれば旅行で使いそうなフレーズが全部入っていて自分が喋らなくても画面を見せるだけでどうにかなってしまう。

 

ただ日常会話は全くどうにも難しい。

一緒に歩きながらいろんな話をした気がするがその内容は全く覚えていない。 多分ジェスチャーを交えていろいろ必死になって喋ろうとしたのだろう。 相手の言っていることが全くわからなくても「イェーイェー」「アハン?」と言っておけば意外になんとかなることもわかった。

 

 

 

彼が国に帰り、別れた後は一人でセントーサ島なる島も行ってみたりもした。

f:id:nijiringo:20161210163306j:plain

37mもあるマーライオンがお出迎えをしてくれるこの島は島全体がアミューズメントパークのようになっており、家族連れなら丸々一日かけても遊びきれないような場所である。 中国人のファミリーとカップルであふれかえるこの島でただ自分は時間を持て余した。

 

 

一番気になったのはカジノかな。 カジノに行くのは初めてだったが、入ったときの高揚感と来たら、日本のパチンコ店では絶対に味わえないものであった。

f:id:nijiringo:20161210163359j:plain

悲しいかなチキってしまいディーラーのいるようなバカラなどはやる勇気が出ず、一人でできるスロットを少しだけやった。 最小レートで賭けているにも拘らずスイスイとお金が消えていくのを見て戦慄した。 しかもこのスロットってのが控えめに言ってもクッソつまらないんだこれが。

中ではジュースがただで飲めるので、コーラをジュルジュルすすりながら他の客が賭けるのを見ていた。 見ているだけでも雰囲気は味わえるのでなかなか楽しかったが、やはりやってみたい気持ちもかなりあったと思う。 この無念は後にマカオにて晴らすことになる。

シンガポールに行ったときの話①

三年程前、全てに嫌気が差してどうにもならなくなったのでふとシンガポールに一人旅行に行きました。

 

思いついてから速攻でチケットを取り、行くからには英語を勉強しなくちゃな・・・と思っている間に気づいたら当日に。 そして夜11時、チャンギ空港に降り立つ。

f:id:nijiringo:20161207025345j:plain

 

なぜ自分は今こんなところにいるのだろうというキツネにつままれたような気分のままタクシーに乗り、宿泊予定のドミトリーへと向かいました。

 

 

 

シンガポールは栄えている国です。 タクシーから見える輝く摩天楼やなんだかよくわからないオブジェは眺めているだけで心が躍る。 そんな楽しいひと時もつかの間、タクシーは街を抜け、細い路地に入り込んでいく。

ビルもどんどん低くなり気づけば平屋建てが並ぶようなエリアへ。 外の道は暗く、上裸の男が何人もウロウロしている。 これが噂のスラム街ってやつか・・・と勘違いをかましながらドミトリーへチェックイン。

 

 

 

シンガポールって最近できた国なので、あんまり歴史あるものがないんですよね。 とりあえず動物好きの自分としては、シンガポール動物園、ナイトサファリ、リバーサファリ、ジュロンバードパークは死んでも行くと決意。

二日目は朝からシンガポール動物園に行くことに。

 

 

f:id:nijiringo:20161207025515j:plain

とにかく動物との距離が近い! 客と動物が柵で区切られてたりしないので、檻の中の動物を見るというよりは、客が動物のスペースに入っていく感じ。 サルとかはその辺に放し飼いになってます。

 

一番気に入った動物はタヌキ。 あのずんぐりむっくりさは正に愛くるしく、ケースの前で座り込んでひたすら眺めていた。 調べてみたらシンガポールの動物園のタヌキは旭山動物園から来たそうでとても珍しがられVIP待遇だったそうな。 通りで一丁前のケースにいるわけだ。

 

 

動物園を後にし、ドミトリーに帰ってどこか夜飯を食べられるところはないかとウロウロする。 ウロウロしていてわかったが、このエリアは別にスラム街でも何でもなかった。 

f:id:nijiringo:20161207025634j:plain

 

リトルインディアと呼ばれるこの地区は、インド系の人や建物が集まる正に名前の通り小さなインドのような場所であった。 日本生まれ日本育ちの自分にとってスラム街と言えば上裸の人間がたむろする場所だし、上裸の人間がたむろする場所はスラム街と思っている節がある。

 

その日の夜、慣れない異国の地での雰囲気に疲れ果て眠ろうとしていたとき、隣のベッドの黒人に話しかけられ、次の日から一緒に観光して回ることになった。

 

自分の拙いリスニング力のせいで彼はソマリアから来ただの、イギリスに住んでいただの出生がイマイチはっきりしなかったが、最終的にはベルギーから来たということで自分の中で落ち着いた。

 

また彼は漫画に出てくるような素敵なアフロヘア―を持っていたが、話題として触れてよいかどうかわからなかったため結局彼と別れるまでその髪型について話すことはなかった。 他の人が触ろうとすると露骨に嫌そうな顔をしていたので結構ナイーブな問題であったと思う。

 

続く?